商品・染色技法など

抜染・脱色

既に染められている染料により、色がまったく抜けないものや、抜けても抜け具合に差があるので、どの染料で染められているかが問題となります。市販のTシャツやハンカチにその表示はありませんので、ご自分でお試しいただく他はありません。

捺染ならPSガムパウダーNを水で溶かして元糊を作り、ロンガリットCを加えた抜染糊を生地に塗布し、抜染(脱色)模様を作ります。但し下地の染料によって抜け方がまったく違うので事前確認が必要です。
木綿・麻用の染料では、リアック・ハンノール・レマゾール等(反応染料)や、シリアス(直接染料)で染めたものはおおむねハイドロで抜染できます。スレン・ネオスレンやナフトールで染めたものはまったく抜けません。
絹・羊毛をデルクスの酸性タイプで染めたものはおおむねハイドロで抜染できますが、同じデルクスでも含金タイプのものは抜け難くなります。
ポリロンやカチノン等の化繊用染料は抜染できません。
水75ccに対し25gのPSガムパウダーNを混ぜ合わせて元糊にします。その元糊の1~2割のロンガリットCを量り、同量程度の水で練り、湯煎して溶か してから元糊に加えて抜染糊を作ります。その糊を型紙の上からヘラで糊置きし、乾燥後スチームアイロンで蒸気を与えれば白く抜けます。

藍染め液の色は、【茶褐色=正常、 黄緑色=空気に触れたがほぼ正常、 緑色=少し酸化、 青緑色=酸化が進み染まりつきが悪くなっている、 青色=酸化 していてまったく染まらない】 が目安です。もし、【青色=酸化していてまったく染まらない】という状態なら、あきらめましょう。【青緑色=酸化が進み染 まりつきが悪くなっている】程度なら、『ハイドロ』と『藍染め液安定剤』を補って調整すれば、染められます。

ハイドロで抜染すれば良いでしょう。ただし、どんな染料でも真っ白に抜けるというわけではありません。元々染まっている染料の種類によって抜け方がまったく違います。本来抜けるはずの同じ種類の染料の中でも、色によっては抜けない場合もありますので、事前確認が必要です。
木綿・麻用の染料では、リアック・ハンノール・レマゾール等(反応染料)や、シリアス(直接染料)で染めたものはおおむねハイドロで抜染できます。スレン・ネオスレンやナフトールで染めたものはまったく抜けません。
絹・羊毛をデルクスの酸性タイプで染めたものはおおむねハイドロで抜染できますが、同じデルクスでも含金タイプのものは抜け難くなります。
ポリロンやカチノン等の化繊用染料は抜染できません。
ハイドロ抜染は80℃以上の湯1Lあたりハイドロ10~30gとタナクリンAN5ccを加えた溶液で、液温を保ちながら10~30分処理します。ただし処理中は亜硫酸ガスが発生しますので、換気の良いところで行います。

化学染料のように真っ白には抜くことはできません。植物染料は媒染剤(金属)と重ね合わせて一つの色になります。そのうちの媒染剤のみ抜くことが可能で す。糸や布の重さの20倍くらいの湯(90℃程度)に20%量のアニノールLを加え、30分ほど処理してからすすぎ洗いをします。そうすると、媒染剤が抜 け植物染料のみの色になります(ただし、石灰等抜けない媒染もあります)。その後、媒染剤を掛け直します。媒染時に起こった染めムラは、これで直ります。

暗い地色に明るい模様の明と暗で表現する方法があります。まず、植物染料と媒染剤で地色を染めます。植物染料は特に指定はありませんが、媒染剤は鉄媒染で 暗い地色を染めます。地色を染めた生地の上から、筆描きやステンシルなら『錫着抜液』か『チタン着抜液』で模様を描きます。型紙を使った捺染なら『錫着抜 糊』か『チタン着抜糊』で糊置きします。塗ったところが乾いたら、綿・麻の場合はスチームアイロンをかけ、絹・羊毛なら蒸します。そうすると下地の鉄媒染 (暗い色)が抜けて、後から塗った錫またはチタンに入れ替わり、暗い地色に明るい模様が浮き出てきます。地色がアルミ媒染のように明るい色だと模様はまっ たく目立たず効果がありません。下地が錫媒染(またはチタン媒染)で染めたものを錫媒染(またはチタン媒染)しても変化がなく意味がありません。

浸染で藍を脱色するなら藍脱色液があります。藍脱色液は木綿・麻・レーヨンの他、絹・羊毛にも使えます。無地で藍染めした生地を糸で絞りを施してから抜染すれば、淡色地色に濃い模様の絞り染めができます。
20~40℃の湯1Lあたり藍脱色液を200ccとハイドロ5gを溶かした溶液に藍で染めた生地を浸けて抜染します。温度が高いほど、時間が長いほど良く抜けます。

藍の抜染模様の助剤には2種類あります。どちらも木綿・麻・レーヨン専用です。絹には使えません。
①藍模様糊は型用と筆用があり、塗布後放置するだけで抜染できます。筆用には半抜~白抜、半抜のみ、ぼかし用の3種類があります。型用には布の裏への浸透 が良いタイプ(CW)と、布表面のみ白く抜けるタイプ(S)、半抜では抜染力が強・中・弱と分かれており、全部で5種類あります。どれもハイドロを5%加 えて使います。塗布後の放置時間により、藍の抜け具合が大きく変ります。麻は麻でも生平は抜染できません。
②藍抜染剤の場合は、藍抜染型用糊または筆用糊に対して10~20%量加えて塗布し、乾燥後に蒸すかスチームアイロンの蒸気を当てると、藍が真っ白に抜け ます。水洗いで糊を落とした後、水1Lあたりハイドロ1g程度の薄い溶液に生地を数分浸けて藍抜染剤を中和し、すすぎ洗いで仕上げます。藍抜染剤は塩素系 酸化剤なので、中和しておかないと生地が傷みます(藍模様糊は生地が傷む心配がありません)。

柿渋

なったものを後から柔らかくする方法はありません。 柔らかい風合いに仕上げたい場合は、柿渋液を染料化してから染めてください。染料化の工程は、アルカリ添加→加熱→冷却→酸中和で、一夜間以上放置しま す。染料化した柿渋液は、染色の都度、必要量を量り取って使用します。染料化した柿渋液を熱湯に溶かし、煮沸、ろ過してから染めます。染色工程は、染色→ 水洗→媒染→水洗→ソーピング→水洗→乾燥で完成です。染料化と染色の詳しい工程は、商品添付の解説書をご確認下さい。

元は同じですから、同じように使うことができます。柿渋液というのは元々塗料として使われてきたものです。そのまま塗料として使えば硬い手触り(風合い) の染め上がりになり、染料化してから使えば元の生地のままの手触り(風合い)の染め上がりになります。いろんな柿渋の中から染料化しやすいタイプとして選 定されたものが『染色用柿渋液 N』です。また柿渋液から臭気成分を取り除いたものが『染色用無臭柿渋液 NS』で、現在はこの無臭タイプが主流となっています。

オパール加工

オパール加工糊型用を柔らかくしたい場合、オパール加工糊筆用を混ぜて粘度調整をします。水を混ぜると綿を溶かす効果が弱くなり、きれいに仕上がりません。
逆に、オパール加工糊筆用が柔らかすぎる場合は、オパール加工糊型用を混ぜて粘度調整をします。

基本の工程は、オパール加工糊をオパール生地に塗布 → 乾燥 → 生地裏からドライアイロンで加熱しオパール加工糊の部分を軽く焦がす(抜蝕という) → 水洗し焦げた部分を除く → 乾燥  で完成です。
多色透かし模様を作る時には、オパール加工糊筆用が便利です。模様部分を黒い線の輪郭で描き、塗り絵感覚で彩色するとにじみが防げて描きやすくなります。
その工程は、次の①~③です。
①ダックバインダーにサンカラーブラックを加え、線と線のつなぎ目部分に隙間ができないようにして下絵模様の縁どりを線描きする → 乾燥 → ドライアイロンで線描きしたダックバインダーとサンカラーを固着
②線描きした模様の中に尿素を加えたオパール糊筆用を塗布 → 乾燥 →ドライアイロンでオパール糊の部分を抜蝕 → 水洗 → 乾燥
③抜蝕した模様の中(ポリエステル部)に刷毛(筆)でポリロン染料を塗布 → 乾燥 → ドライアイロンでポリロン染料を固着 → 水洗 → 乾燥
で完成です。
オパール加工糊にポリロン染料を加えて塗布すれば、②と③を一工程にすることも可能です。ポリロン染料を固着させるためには十分な加熱が必要ですが、オ パール加工糊が焦げすぎてしまう恐れがあります。焦げ過ぎを防ぐために、オパール加工糊に対し2~5%の尿素を加えておきます。また、透かし模様部分の色 が単色なら、オパール加工糊型用を捺染する方法もあります。捺染の場合は、輪郭線は不要です。
ここまでの工程では、木綿部分はまだ白のままです。さらに、地染をするには、
④木綿部分をハンノール染料で刷毛染め → 乾燥 → フィキサーテン固着 → フィキサーテン中和液塗付 → 水洗 → 湯洗 →乾燥
これで、ポリエステル・木綿ともに染まった状態になります。

和紙

和紙は、植物の繊維を糊剤と混ぜて水に溶かし、梳いて作られます。そのため、水や摩擦に弱く、毛羽立ったり破れたりすることがあります。
染色前に和紙補強剤RSとオキザールFの溶液で前処理すると、耐水性・耐摩擦性が向上し、刷毛で擦りこんでも和紙が傷みません、また、浸染や絞り染めも可能になります。

ご注文や返品・交換など

ご注文

メールソフトやセキュリティーソフトの設定により、当店からのメールが届かない場合や、迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がございます。
※特にYahoo!メール、gmail、hotmailをご利用の場合、迷惑メールフォルダに入るケースが多くなっております。大変ご面倒ですが、迷惑メールフォルダ内もあわせてご確認いただきますようお願い致します。
それでもメールが届かない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあるなどの場合もございますので、「お問い合わせ」よりご連絡いただくか、下記までご連絡下さい。
電話:075-351-0667
FAX:075-351-4488
メール:info@tanaka-nao.co.jp

ご注文後の追加注文は、原則的に別受注分となります。ご注文をお受けして、すぐに出荷の準備に入りますので、途中の追加が困難となります。誠に恐縮ながらご了承くださいますようお願いいたします。

ご注文を承り次第、受注入力、伝票出力、商品集荷の準備に入る為、一旦受注入力されたものの変更は困難となります。誠に恐縮ながら、再度ご確認の上ご注文くださいますようお願いいたします。

配送地域、個口により異なります。また、お買い上げ金額に応じた送料サービスもございます。詳しくは以下のページをご参照ください。
送料について

原則として、ヤマト運輸さんです。書籍のみのご注文など、場合によっては郵便でお届けする場合もございます。

従来ご注文後の出荷は、その殆どを営業日での翌日か翌々日に出荷しておりました。しかし昨今の情勢から弊社に於いても在庫量を今までより少なくしていることもあり、最近では従来通りの出荷が難しくなってきました。
誠に恐縮ですが、今までより2~3日着荷が遅くなることも多くなると思いますが、どうぞご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、納期に指定がある場合は、ご注文時備考欄に「○/○までに着荷」とご記入ください。(ご希望通りにならない場合もありますのでご了承ください)

ご注文頂けます。定価での販売とさせていただきます。
(ご注文をされると、ナオメール会ご入会の如何にかかわらず、お客様コード番号をお知らせいたします。この番号はナオメール会員専用のコード番号ではありません。)

すべてご購入頂けますが、メーカーの原料供給の中止や変更に伴い、販売中止や価格改定を行う場合があります。

お届け

次のことをご連絡下さい(お客様コード番号が不明の場合は、ご住所もお知らせ下さい)。
・DM・カタログ送付中止希望
・お客様コード番号
・お名前
・電話番号(FAX番号)

配送地域、個口により異なります。また、お買い上げ金額に応じた送料サービスもございます。詳しくは以下のページをご参照ください。
送料について

出荷後の変更はできません。配達時にご不在の場合は『ご不在連絡票』をご確認いただき、速やかに再配達の手続きをお取り下さい。ヤマト運輸さんの保管期間を過ぎると、再配達できなくなります。

ご指定がある場合はお早めにご注文下さい。地域によっては、出荷日の翌々日以降にしかお届けできない場合や、ご希望のお時間に合わせると、配達日が一日遅くなる場合がございます。また、一部離島については、ご希望に添えない場合もございます。

返信メールは届きましたか?
オンラインショッピングよりご注文の場合、次ぎの①と②、2通のメールが届きます。メールでご注文を下さった場合は②のメールのみが届きます。
① ご注文内容を送信していただくと、ご注文内容の受信確認メールが即時(弊社の営業時間や定休日に関係なく、定価計算)自動返信されます。自動返信メールが届かない場合は、ご注文完了されていないか、メールアドレスのご入力が間違っている場合です。
② ご注文を下さってから、当日または翌営業日中に、正式な商品代金、送料、配達日などをメールにてご連絡いたします。メールアドレスをお間違いの場合は、お電話等でご連絡させていただくこともございます。
返信メールが届かない場合は、再度お問い合わせ下さい。

お支払い

誠に申し訳ございませんが、分割払いはご利用いただけません。

代金引換でのお届け時に「現金・クレジットカード・デビットカード・電子マネー」でのお支払いが可能となりました。クロネコヤマト宅急便の送り状のお名前と登録名義が異なる場合は、クレジットカード・デビットカードでのお支払はできません。

代金引換時に、ヤマト運輸さんの領収書をお渡ししております。弊社の領収書が必要な場合は、お手数ですが、ヤマト運輸さんの領収書を郵送でお送り下さい。到着後、弊社の領収書をお送りいたします。

商品のお届時に代金引換にてお支払い下さい。(代金引換手数料無料)
学校・官公庁等の場合は、ご希望のお支払方法があればご相談を承ります。

返品・交換

返品・交換お受けいたします。ご連絡下さい。

返品・交換お受けいたします。但し、在庫数に限りがありますので、ご来店前にご連絡ください。ご来店時には、商品と該当する『納品書兼請求書』及びお支払いをお済ませいただきました場合は『領収書(代引きお支払いの場合は「宅急便の領収書」。お振込みの場合は「振込用紙」)』をお持ち下さい。
但し、受注製造品、お取り寄せ商品や在庫状況により、ご注文後すぐにお送りできない商品がございます。予告無く商品の変更(代替品や廃止)または価格変更 する場合がございます。商品の欠品等がございましたら、発送前にご連絡させていただきます。商品は充分に用意しておりますが、売り切れの場合はご容赦くだ さい。

原則として商品到着後7日以内にご連絡ください。受注製造品、お取り寄せ品の返品はお受けできません。生地の『m切り』は、ご注文されたお客様のみのご希望商品となりますので、返品はお受けできません。
返送料はお客様ご負担となります。

当社では、出荷準備には細心の注意を払っておりますが、万一、ご注文内容と違った商品が届きましたら、遠慮なくご連絡下さい。交換品に返送用送状を同梱いたします。交換品お届け時に、返送用送状を間違い商品に貼付け、ドライバーさんにお渡し下さい。
また、商品到着後には、ご注文内容と間違いがないかお早めにご確認下さい。

当社では、品質には万全を期しておりますが、万一、破損・汚損などの不良品がございましたら、遠慮なくご連絡下さい。お客様から当社に着払いで不良品をお送りいただき、到着後に良品と交換いたします。
また、商品到着後には、破損・汚損がないかお早めにご確認下さい。

その他

ナオメール会の有効期限は、ご入会日よりその年の年末までです。途中で退会をご希望される場合は、ご連絡下さい。但し、退会される場合でも年会費(500円)の返還は行っておりませんので、ご了承下さい。

次のことをご連絡下さい。
・お客様コード(わかる方のみ)
・新しいお名前と新住所と新電話及びFAX番号
・旧姓と旧住所