京都 染色材料(草木染/藍染/柿渋染/化学染料、染色助剤、器具、生地、縫製品など)の専門店 田中直染料店

お電話でのお問い合わせ:075-351-0667(京都店)

お掛け間違えにはくれぐれもご注意下さい

  • 会社概要
  • オンラインストアご利用方法
  • サイトマップ

特集 草木染

草木染め

草木染

現在では一般名詞になりましたが、語源は昭和4年に山崎斌氏が、合成染料と区別するために命名されたものです。(日本草木染譜 山崎斌著 染織と生活社刊)

草木染とは、天然の草や木から煮出した染料液で染色したものをさしています。あるものは根っこから、あるものは樹皮から、葉っぱから、芯材からというように色素の存在部分が限られているために、さまざまな形態のものがあります。

ヤエヤマアオキ ティンギ
くちなし・実

基本は煮出して染料液を作り、浸け染めあるいは筆描きで模様を染めます、しかしこのままでは、色素が非常に不安定な状態ですので、さらに金属を掛け合わせて安定な状態にします。

金属は主に「アルミ」「錫」「銅」「チタン」「鉄」を使用します、その昔は「クロム」を使用した時代もありましたが、環境汚染、人体への影響などから今はほとんど使用されていません。
この金属を掛け合わせることを媒染と呼んでいます、植物の色素を化学的にすると亀の甲(ベンゼン環)が並んでいるわけですが、そこに金属をつけることで色素が別のものに生まれ変わり、新たなる発色と安定を得ることになります。

草木染

また、一般に草木染と言われている技法の中でも、藍染と柿渋染(柿渋そのままの場合)は、媒染を行ないません。
また、「茜」「紫根」も、アルミ先媒染のみの染色を行います。

花びらの鮮明な色は、アントシアンやポリフェノールなどの色素で、ほとんどが熱で分解されるのと、日光に対しての堅ろう度(耐久性)が弱く、さらには色素が特殊なため一般の草木染の処方では固着しません。花びらには、花びら用の染色処方があります。(花びら染め)

媒染剤

また、金属も固形のままでは取り込むことができないため、金属と薬品を結合させて水和物(水溶性)にしてから媒染します。このときに使用される薬品が「塩酸」「硫酸」「酢酸」等で、、塩化○○、硫化○○となります。
これらは強酸で金属が色素と結合した後に塩酸や硫酸となり、特に木綿や麻等で残留した場合には生地が次第に脆化する(傷む)原因となります。
また金属には優劣があり、染色後でも下地に使った金属より強い金属が塗布されると、下地の金属と後で塗った金属が入れ替わることがあります。この作用を元にして商品化されたのが、錫着抜液とチタン着抜液(または糊)です。

商品検索

検索

カテゴリーで絞り込む

オンラインストア

  • オンラインストア>柿渋染め
  • オンラインストア>藍染
  • オンラインストア>草木染め
  • オンラインストア>化学染料
  • オンラインストア>顔料
  • オンラインストア>マーブル・墨流し
  • オンラインストア>金彩・フロッキー
  • オンラインストア>助剤
  • オンラインストア>廃液処理剤
  • オンラインストア>筆・刷毛
  • オンラインストア>型染・筒描の道具
  • オンラインストア>ローケツ染の道具
  • オンラインストア>その他の道具
  • オンラインストア>生地
  • オンラインストア>縫製品
  • オンラインストア>糸
  • オンラインストア>書籍
  • オンラインストア>セット商品