京都 染色材料(草木染/藍染/柿渋染/化学染料、染色助剤、器具、生地、縫製品など)の専門店 田中直染料店

お電話でのお問い合わせ:075-351-0667(京都店)

お掛け間違えにはくれぐれもご注意下さい

  • 会社概要
  • オンラインストアご利用方法
  • サイトマップ

布が硬くならない!草木染と同じ染め方で染められる!染料化柿渋液D-2

染料化柿渋液D-2

無臭柿渋液NSを空気に触れない状態で熱アルカリ処理し、染料化したものです。
単独又は他の植物染料と混合し、浸染、引染、その他の染め方に使用できます。

絹の浸染での先媒染と後媒染の色の違い
染料化柿渋液D-2 布の重さの100%)

絹の浸染での先媒染と後媒染の違い

【写真】左から「チタン先媒染」「チタン後媒染」「鉄先媒染」「鉄後媒染」

未精練の生地は最初に精練及び糊抜きをします。精練済みでシルケット加工がしてあれば特によく染まります。

綿ストール メリースラブを染色

綿ストール メリースラブを染色

【写真】左から「チタン先媒染」「銅後媒染」「アルミ後媒染」

KLC-1で処理後、細かくヒダを取って折り畳み、1/3をラップで包んで絞り、染料化柿渋液D-2(布の重さの100%)で染色。絞りを取って、1/3を水で薄めた染料液で適当な濃さに染色後、媒染。
染色温度が低いとナイロン糸が染まらず白く残ります。

先媒染と後媒染の違い

【写真】上段左から「アルミ後媒染」「鉄後媒染」「銅後媒染」「チタン後媒染」

絞りハンカチをKLC-1で処理後、絞りを取り、布を広げ、染料化柿渋液D-2(布の重さの100%)で染色。
絞り内部のKLC-1処理されていない部分は、淡い色しか染まりません。

先媒染
  1. 精練
  2. 浸染用前処理(KLC-1ネオソーダ
  3. 媒染前処理(媒染下漬剤C
  4. 媒染(浸染用媒染液
  5. 染色(染料化柿渋液D-2

先媒染は2011年カタログの22頁参照

後媒染
  1. 精練
  2. 浸染用前処理(KLC-1ネオソーダ
  3. 染色(染料化柿渋液D-2
  4. 媒染(浸染用媒染液
  5. 媒染用ソーピング剤
  6. 柔軟仕上げ(ユニソフナー

後媒染は「布が硬くならない柿渋染め」参照

その他の柿渋液

無臭柿渋液NS

天然の植物性塗料で、渋ウチワ・渋紙・糊筒などに使われてきました。
日光や空気酸化で色が濃くなりますが、耐水性はありません。熱処理や柿渋固着剤SFで処理すると、水に溶けない皮膜になりますが、風合が硬くなってしまいます。

柿渋糊FL

無臭柿渋液NSに天然の特殊増粘剤を加えたもので、柿渋染の人気が出るきっかけとなった使い古した酒袋の風合いを染めるために開発したものです<。古い酒袋以上に多様な表現ができ、しかも風合が硬くなりません。

使用する染料・助剤

その他の柿渋液

商品検索

検索

カテゴリーで絞り込む

オンラインストア

  • オンラインストア>柿渋染め
  • オンラインストア>藍染
  • オンラインストア>草木染め
  • オンラインストア>化学染料
  • オンラインストア>顔料
  • オンラインストア>マーブル・墨流し
  • オンラインストア>金彩・フロッキー
  • オンラインストア>助剤
  • オンラインストア>廃液処理剤
  • オンラインストア>筆・刷毛
  • オンラインストア>型染・筒描の道具
  • オンラインストア>ローケツ染の道具
  • オンラインストア>その他の道具
  • オンラインストア>生地
  • オンラインストア>縫製品
  • オンラインストア>糸
  • オンラインストア>書籍
  • オンラインストア>セット商品